ピリカ」カテゴリーアーカイブ

ハゲウズラ

 なぜか後頭部がいつもハゲているピリカ。


 このへん。
 写真だとわかりにくいが、スポット的に羽毛がなくなっている。

 最初は掻いてやりすぎたかと焦ったが、通常掻いているのはもっと首の方か額の方で、このあたりはほとんど触らない。
 ケースの天井もネットにしてあるので、飛び上がった拍子にぶつけてハゲるというのも考えにくい。
 一体何だろう。鳥にも円形脱毛症ってあるんだろうか?

眠ってしまった能力

 伸びたり縮んだりして外に出たいと催促するピリカ。


「ねえ」


「ねえ、出して」

 しかしピリカは外に出すと結構な速さであちこち移動するので、油断ができない。
 インコも割と速く走る生物だと思っていたが、ピリカはさすが地上特化型というかその疾走スピードはインコの比ではない。数メートル離れていたと思ったら、一瞬後には人間様にひっついていたりする。
 なのでピリカを出す時に基本人間様は動けないし、やむを得ず動く場合は必ずどこにいるかを確認しながらでないと、あっという間に駆け寄ってきたピリカを蹴ったり尻に敷いたりする羽目になる。まださすがに尻に敷いたことはないが、人間様が床に座ってあれいないと思ったらすぐ横で広がったスカートに埋もれていたことはあった。
 まあそれだけ安心しているのだろうが、いくら天敵がいないからってそこまで危険察知能力を眠らせないでほしい。

羽立ちぬ

 文鳥の風切り羽が落ちていたので、通りすがりのピリカに差してみた。


 なんか違和感はあるけど自分が何をされたかは分かっていない。
 とりあえずすごい立ってる。

 そういえば、最近愛用のCANON S120が壊れたので、似たような性能のG9Xを買ったのだが、何というか、いいカメラ特有の味のあるボケ味のせいで、ピントの合ったポイント以外が全部ボケるため、むしろ写真が撮りづらくなっている。

ママを探して飛んでいく

 また部屋の外に行った人間様を追おうとしてあさっての方向に飛んでいたピリカ。
 ここしばらくおとなしかったのに。


 そして飛んじゃった自分に自分でびっくりして物陰に逃げ込んでしまった(つもりの)ピリカ。
 お前それ高かったんだから蹴倒したりしないでよ。

タンパク質増量

 手乗り(物理)。


「頭掻いて」

 最近ピリカが自分の抜けた羽を食べているのに気づいた。
 床に落ちている羽を何度かくわえては振り回した後、ぱくりと飲み込んでしまう。
 虫をつかまえているつもりになっているのかタンパク質を求めているのか分からないが、どう見ても健康に良くなさそうなので、とりあえずエサにエッグフードを追加してタンパク質を補ってやることにした。

ここはなわばり

 なにやら床に放置していたポシェットの上にたたずんでいたピリカ。


 何をするでもなくじっと立っている。


「…………」

 どうやら勝手にここを縄張り宣言していたらしく、手を出したら威嚇された。
 急にどしたの?

ピリカの威嚇(多分)

 なにやら身構えるピリカ。


 一応いつもより羽毛をもわもわにしながら両足を踏ん張っているつもりらしい。

 この後、七面鳥みたいに羽を膨らませながらケースの中をひとしきり走り回るのが定番なのだが、その行動が何を意味しているのか、何に向けられているのか、人間様にはさっぱり分からない。
 まあ、かっこつけたい年頃なのかもね。

ここにひっつこう

 なんだか足が温かいと思ったら、人間様の足にぴったりひっついてご満悦な鳥がいた。


 土踏まずのくぼみにジャストフィット。


 すっかりくつろぎモードで羽繕いなんかしている。
 でも人間様はそろそろ動きたいんだけど。

アホ毛


 何その頭。

 家に帰ったら、久々にピリカがケースから脱走していた。
 幸い部屋から出てはいなかったがかなり長時間室内で自由を満喫したらしく、床がフンだらけ。
 しかも頭の羽が乱れてちょっと禿げていた。一体何があったのか。