やりっぱなしはよくない

 床でレシート遊びをしていたいずもがくわえて飛んでパムのカゴの前まで運んだあげく、飽きてそのまま放置したので、パムは割と迷惑している。



 ちなみに下でも長門が気にしてる。

 文鳥に言っても無駄だというのは分かっているけど、もうちょっと他人の事も考えようよ。

音楽でひとつにまとまる祭り見てきた

 自衛隊音楽まつりに行ってきた。


 入り口付近で愛想をふりまいていたトウチくん。
 イラストより着ぐるみのほうがかわいいゆるキャラって珍しい。


 いつもは上部にある大スクリーンが今年は下に降りてきていた。床へのプロジェクションマッピングではなくこちらに投影するらしい。
 まあ確かに床に映すと1階席の偉い人に見えなくなるからね……。


 オープニング。「ボレロ」に合わせて防衛省発足後の年表が映っていく。


 映像が終わると「ツァラトゥストラはかく語りき」、写真がやたら神々しいのは薄くスモークがたかれているため。
 ちなみに今年のテーマは「ONE 音が結ぶ、ひとつの想い」。まあそういうことらしい。


 第1部は自衛隊の演奏。トップバッターは陸自北部方面音楽隊。
「精霊の守り人」と北島三郎の「まつり」を組み合わせるという無茶をやった上に、突然袴姿のおじさん(当然隊員)が出てきて歌い出すものだからちょっと微妙な雰囲気になる。


 去年の進撃の巨人に続き今年はエヴァンゲリオンを持ってきた中部方面隊音楽隊。
 相変わらず攻めている。


 しかも構成や演出が抜群にうまい。


 そして隊長の肩飾りは初号機色だった。


 中央音楽隊と儀仗隊のコラボ。
 儀仗隊、なんか新しい制服になってからぱっとしなくなったな……。


 海自東京音楽隊。
 今年は歌姫に頼らず構成やドリルの面白さで勝負してきた。最後はやっぱり「軍艦」だったけど。
 個人的には、素人が歌うのはともかく本家本元の自衛隊が歌う時に「海ゆかば」をはさむのはやめてほしい。本来別の歌なんだし。


 空自中央音楽隊。
 海自が今年は変化をつけてきたので、こちらがちょっとマンネリ感が強くなった。


 3自衛隊合同演奏「シン・ゴジラ」メドレーから「凱旋行進曲」。
 ちなみにゴジラメドレーで演奏したのはタバ作戦ではなくヤシオリ作戦だった。無人新幹線爆弾。



 第2部は在日米軍とタイ王国空軍音楽隊。まずは沖縄の海兵隊音楽隊。毎年歌つきのジャズやポップスが定番なんだけど、今年はホルストの「火星」からドラムパートを挟んでスーパーマンのテーマでしめるという、割と正当派ブラスバンド演奏でまとめてきた。
 荒っぽい大味な演奏なんだけど、とにかくガタイのでかい人たちがやるもんだから迫力がある。


 民族色が華やかなタイ空軍。想像以上に上手だった。
 演奏後、指揮者が合掌で挨拶してから改めて敬礼したのがなんだかなごんだ。


 こっちは伝統的(?)な歌って踊っての米陸軍軍楽隊。



 第2部ラストは自衛隊も加わってロスオリンピックテーマと東京オリンピックのファンファーレ+マーチ。最後は歌い手の皆さんが加わって「We Are the World」。
 皆さんすごい楽しそう。


 そしておなじみ自衛太鼓。


 おなじみの儀仗隊。


 おなじみの裏方さんご挨拶。



 フィナーレ入場。


 歌う人と後ろで一生懸命踊る人。


 陸海空の歌姫。
 海の由佳莉ちゃんは3曹、陸の鶫真衣陸士長、空は……ちょっと名前が分からないけど、2士ということなので今年入ったのかもしれない。


 最後は全隊員が退場した後、残った3人が「世界にひとつだけの花」をそれぞれソロで歌って去って行く。
 そして指揮者が最後にレッドカーペットの上を歩いて最後に敬礼。

 個々の部隊がいろいろ工夫をしてきていたけど、全体的には特に変わったことをするというのでもなく、オーソドックスにまとめた感じだった。


 そしてお待ちかね片付けコロコロの時間ですよ!


 もう最近ではみんな片付けコロコロのことを知っていて、作業が始まると拍手やお疲れ様という声が客席から飛んでくる。
 それに応える隊員の人。


 なぜかタイ空軍まで乱入してきた。
 多分記念写真を撮るんだと思う。

○おまけ

 スカイツリーがクリスマスタワーになってた。
 これならサンタは絶対間違えない。

西へ

 出張で博多に行ってきた。


 駅前のイルミネーション。
 ちょうど前日が点灯式だったらしい。エリアがやたら広いので全貌が撮れない。

 なんだか全然雰囲気が東京と変わらなくて、九州に来た気がしないままだった。
 店も東京にあるようなものばかりだったし。

タンパク質増量

 手乗り(物理)。


「頭掻いて」

 最近ピリカが自分の抜けた羽を食べているのに気づいた。
 床に落ちている羽を何度かくわえては振り回した後、ぱくりと飲み込んでしまう。
 虫をつかまえているつもりになっているのかタンパク質を求めているのか分からないが、どう見ても健康に良くなさそうなので、とりあえずエサにエッグフードを追加してタンパク質を補ってやることにした。

撮影拒否

 コウモリみたいに片足でぶら下がって頭を掻いているパムを至近距離から撮ろうとしたら、警戒してやめてしまった。


 しかも目つきがちょっと悪くなってる。

 しかしお前はいつまでたってもつのつのだね。

あれはなんだろう

 好奇心の強い文鳥。


 ケースの中でピリカがちょろちょろ動いているのが気になるらしく、わざわざ見に行っている。
 一方、接近してくるいずもを不審な存在と判断してぴたりと動かなくなったピリカ。

 ちなみに、手前にいるせいでいずものほうが大きく見えるが、多分ピリカのほうがサイズは上。

ここはなわばり

 なにやら床に放置していたポシェットの上にたたずんでいたピリカ。


 何をするでもなくじっと立っている。


「…………」

 どうやら勝手にここを縄張り宣言していたらしく、手を出したら威嚇された。
 急にどしたの?

まぼろし空中浮揚

 巣から顔だけのぞかせているいずもを撮ろうとしたら、シャッターを押す瞬間に止まり木に向かって飛び出してきてしまった。


 あっ……。

 巣から出た瞬間、ジャンプ力だけで身体を180度反転させている。
 文鳥ってこういうところ身軽だよね。

入間のC1祭り行ってきた

 入間基地航空祭に行ってきた。

 一緒に行った知人との待ち合わせ時間が早かったので池袋に前泊したのだが、直前まで予報は曇り時々雨とか言っていたのに当日になったらすごくいい天気。
 雨具が重いし日焼け止め持ってこなかった。
 あと、カメラもコンデジだけにしてしまったので、適当な写真しかない。


 そして会場に着いたのは7時半ぐらい(招待者なので入場できる)。
 すごいこのおはようございます感。
 本来は29日に航空観閲式をやっている予定だったため、機体のやりくりの都合か保有数が少ない航空機が来ておらず、展示機のラインナップが少々寂しい。


 右側の椅子が並んでいるところが来賓席。
 C1の目の前。


 消防車が水をまいている。
 滑走路も水まきするんだ……。

 そんなこんなで遊んでいるうちに開門時間になった。
 今年はエプロン後部にロープを張って入ってきた客をまずそこに貯め、ある程度の人数が入ったらゆっくりとエプロン前部にロープで誘導するという方式になっていた。
 去年は来ていないので、これが今年からか去年からか分からないけど、入間名物開門ダッシュの事故を防げる代わりに、どうしても早く来ている人が有利になるから、前列がオタクに占有されて一般客がはじき出される可能性がより高くなってるんじゃないかと思う。


 T4の航過飛行でご挨拶に続いて始まったチヌークの水バケツ。
 これ大好きだし久しぶりに見るので楽しかったけど、プログラムにはこの後にU-125AとUH-60の救難コンビプレイが入っていたのに、チヌークだけで終わってしまった。
 何かアクシデントでもあって中止になったかな?


 左:降下のためにC1に乗り込む空挺の皆さん。
 右:飛行前の記念写真を撮るC1クルーの皆さん。


 コックピットでは離陸準備が進んでいる。

 なぜC1ばかり眺めているかというと、会場ではミス航空祭とやらが10名ほど、パレードと自己紹介を始めていてとっても暇だから。
 公募とかでは全然なくて、関係団体、支援団体から妙齢のお嬢さんをご紹介いただいてミスと銘打っているものらしい。まあ究極の内輪受け。


 とC1を眺めているうちに、T4が7機ほど飛び立っていった。
 教官で編成されたその名もシルバーインパルスの展示が始まる。


 ブルーのように派手なアクロバットはしないが、さすが教官だけあって編隊と機動の美しさはむしろブルーより安定感がある。


 一方、飛行中のシルバーインパルスをバックに、C1がタキシングを始めていた。


 続いてYS-11やU-125、U4なども次々と誘導路に乗り入れていく。



 離陸。行ってらっしゃい。


 YS-11とU-125の展示。
 後退翼ではないからか、YS-11は翼がすごい長い。その分華奢に見える。


 そして満を持してC1登場。
 もう老朽化して退役が近いそうで、さすがに数年前みたいにブルーインパルスと張り合うような機動はやらなくなっているが、それでもほぼ横倒しになってのターンやローリングコンバットピッチなどは健在。


 空挺降下も青空なので華やか。
 ちなみに写っているC1は飛ばない予備機。


 ここで午前の部はおしまい。
 売店エリアに行ってみたら、松の木にこんなかわいいジオラマが作ってあって大人気だった。
 機体は全部ペーパークラフト。脱脂綿のスモークが異常にリアル。




 そして午後からは恒例のブルー。
 それでなくても長い離陸前と着陸後の「儀式」に、今回ミス航空祭からの花束と記念撮影が入ってさらに長くなっていた。

 今回も混雑を避けるために帰投を見てから帰ろうと思っていたのだが、今年から帰投までが展示になったらしくプログラム記載されてしまったため、人が会場から全然減らない。
 時間内に帰投するのもF-15とF2のみということだったので、あきらめて帰ってしまった。

 雲ひとつない快晴だったおかげで、ブルーが高さのある技をばんばん出してきていた。久しぶりにフルで見た気がする。

○おまけ
 いつも実用的な記念品をくれる空自。
 今年はオリジナルひざかけだった。


 入間の主役はC1。

この先踏み込むべきや否や

 間合いをはかりかねている2羽の図。


 同じインコか生活圏が共通する文鳥程度なら、種類が違ってもなんとなく距離感は判断できるようだが、さすがにここまで身体のつくりも生態も違う相手だと、お互い許容範囲が分からなくて困るらしい。

 でも結局この後ブロッサム、通称ちびころはピリカを追い回してたけど。