もうこいつはしょうがない

 また長門がチャンドラのオモチャを横取りしている。


 写真が暗くなってしまったので補正したらなんだかコラ写真みたいになった。
 チャンドラはそこでただ黙って眺めてないで怒りなさい。

 他のマメ3弟妹や文鳥が上にとまると憤激しながら足を噛みに行くのだが、長門が迷惑野郎なのはもうずっとなので、チャンドラもあきらめているらしい。

お暑いのがお好き

 一時期寄ると触るとケンカをしていたいずもと五十鈴だが、最近関係を修復したらしく、またいつも一緒にいるようになった。


 常に五十鈴が追い出されていたいずもの巣にも、また一緒に入るように。

 でも見ている側の個人的な感想を言えば、もう少し季節が涼しくなってからの修復でも良かったと思う。

尻ひすい


 何をしているのか全く分からないけどとりあえず尻がふわふわ。

 これまで愛用してきた「かじりーず」の藁オモチャが、製作者が急逝ということで販売を終了してしまったので、いろいろ探してこの輪っかのものに行き着いた。
 輪っか部分にブランコみたいに乗れる分、前の物よりバリエーションの広い遊び方ができるようでまあ良かったが、明らかにかじりーずより耐久性が低い上に価格が同程度というのが微妙ではある。
 まあ喜んでいるから買ってやるけどね。

そろっておねだり

 ダブルさかさ2代目。


「かまってー」
「かまってー」

 これだけかまってほしがるくせに、外に出して遊んでやると何が気に入らないのかぎゅーぎゅー文句言っては怒るんだよね。
 なんなの? そろいもそろってツンデレなの?

ふぶきのひとりあそび

 またふぶきが奇行に走っている。



 何なの? 何がしたいの?

 まあでもこれだけやっても頭も背中も全く汚れず真っ白なままというのは、それはそれで器用なんだとは思う。
 長門なんかしょっちゅう頭に自分のフンくっつけてるもんね。

カラの冒険

 カラがカゴから出てしまった。
 まだ自分から手に乗ってくることができないので、カゴの中だけで構っていたのだが、エサを換える時にちょっと出入り口を開けっぱなしにしたら飛んでしまった。
 チャンドラは開けっぱなしでも絶対外に出てこないので、油断した。


 鏡にとまった挙げ句不安のあまり変な顔になっちゃってるカラ。


 それでもひすいのカゴの上に戻ってきたので、頭を掻いてなだめてやってからカゴに戻した。

どきどきカメラ

 カメラを恐がる我が家の新入りマメ3羽。
 多分レンズが自分を狙う目に見えるのではないかと思う。
 ではレンズの目立たないスマホはどうかな?




 駄目みたい。

 カメラより反応はましだが、やっぱりびびっている。
 うーん、何か恐がらせないで撮る方法はないかなあ。
 長門みたいにカメラを囓っていいオモチャと認識しているのも困るけど。

極める

 白を極めた鳥と黒を極めた鳥。


 地色は同じ青なのだが、ダイリュート、ファロー、パイドとひたすら漂白された結果と、ダーク因子が2つでひたすら濃色化された結果。
 とても元は同じ色だったとは思えない。

 ところで、モーヴの名前はカラにした。モンゴル語で黒の意味。カラホトとかカラコルムとかカラキタイとか。


 そして、気付くと五十鈴がインコの写真なんか撮ってないで自分を出せとバードバスの中から迫ってくる。

大人への階段

 1週間ほど前からひすいのヒナ換羽が始まっているらしい。


 最近では2日に1本の割合でサトウキビを分解してしまう。
 さらにサトウキビを相手に吐き戻しや交尾を迫るようになった。
 うん、順調に大人の階段を上っているようだね。


 それに比べるとふぶきはまだ子供。
 また何やってんだか。

 実はひすいもふぶきも今ではかなり慣れていて、手に乗って外で遊ぶことも多い。
 できれば写真を撮りたいのだが、この2羽、カメラをものすごく恐がるのだ。
 特にひすいなんかレンズを向けられただけで逃げた挙げ句フンを漏らすほどの恐がりよう。
 なので今のところ、こうやってカゴの中にいるのをズームで撮るしかできない。

7周年の混成団見てきた

 武山の東部方面混成団創立7周年記念行事に行ってきた。
 ついこの間できたばかりだと思っていたら、もう7周年なのか。
 そりゃ年取るわけだ。

 混成団というのは、教育隊と即応予備自衛官の部隊をまとめてひとつの団にしたもの。
 今年から神奈川県の防衛や災害派遣を専任で担当する(警備区域)ことになったため、より地域密着の度合いが増している……と思う。多分。
 でも、だからといって行事のプログラムが変わるわけではない。


 観閲の指揮官に敬礼。


 観閲官(混成団長)の巡閲。

 この後、団長の式辞や来賓の祝辞や来賓の紹介や祝電披露やいろいろ続く。
 横須賀市長以外の周辺の首長や国会議員がことごとく代理様なのにはちょっと笑った。
 横浜市長代理なんか祝辞の代読に舞い上がって、読んでる間自衛官に休めさせるの忘れているし。


 そんなわけで観閲行進。
 公的に神奈川の担当になったので、神奈川県旗が先頭で行く。


 続いてくるのが教育隊の行進。人数約900名。
 例によって家族に晴れ姿を見せるために全員がしている。
 今年4月に入隊した子たちの部隊とかもあって、姿勢とか銃の担ぎ方とかばらばらなんだけど、それでも一生懸命頑張っている感が微笑ましい。


 女性部隊。


 車両行進。


 戦車来た!
 実は、今年で戦車の教育は混成団を離れ、富士学校に統合される。
 統括部隊でない部隊の車両はこういった行進には来ないので、混成団の行進で戦車が見れるのは今年が最後。

 これで行進は終了。
 次からは訓練展示が始まる。


 教育隊女子の合唱。


 教育隊男子の自衛隊体操。
 覚えてなくてまわりを伺い伺いやってた子がいたのがちょっと笑った。


 高等工科学校のドリル。


 74式のぐにぐに姿勢変更。


 訓練展示のトリは模擬戦闘。
 写真には撮らなかったが、会場内に設定された敵陣地を攻撃、制圧するのがシナリオ。
 ヘリから偵察員が降下するところから始まる。


 流し撮りに失敗したバイクの偵察隊。


 偵察の情報を元に、迫撃砲部隊が陣を張る。


 そして土煙を上げてやってくる戦車。
 この後、味方2両、敵1両の戦車同士が数十メートルを隔てて空砲をドカドカ撃ち合うすごい展開になる。


 ちなみに敵戦車はこの後の体験搭乗イベント用のカゴをつけて戦闘してた。


 制圧に向けてやってくる歩兵車両。


 味方の支援砲撃であたりが煙ってくる(実際は発煙筒)中、張られている鉄条網を開削するために、破壊筒を持って敵陣に向かう爆弾三勇士施設科部隊。


 鉄条網が破壊されたのを確認して歩兵部隊が近づいていく。
 発煙筒炊きすぎ。


 そして突撃。

 今年は火砲部隊が出ていなかったのだが、演出はものすごい派手だった。

 この後の装備展示も見たかったのだが、実はこの日は横須賀でお祭りをやっており、道路事情的に武山のあたりも大渋滞する予感しかなかったので、あきらめて早めに撤収した。

○おまけ

 京急三崎口駅が別の物に変わっていた。