ブロッサム、通称ちびころ」カテゴリーアーカイブ

謎多き女

 またブロッサム、通称ちびころからきれいな羽が出てきた。


 翡翠色とグレーのコントラスト。
 大きさと形からすると翼の羽っぽいが、こんな色の羽が生えてる場所なんてあったっけ?


 色的にはこの辺なのだが大きさが違う。
 ちなみに掻いてもらえると思って待ってる所にこんなことをしたもんだから、後で噛まれた。

 まあ、いくつになっても謎のある女ってのもかっこいいかもしれないけどね。

美は細部に宿る

 ブロッサム、通称ちびころは全体で見ると薄汚い色なのだが、1枚1枚の羽は実は割ときれい。


 赤、黄緑、濃い緑、グレーに色分けされた腰の部分の羽。
 グレーの部分はふわふわ。

 逆に言うと、なんで1枚ずつだときれいなのに集まると汚くなるのかちょっと不思議。

加齢は背中に表れる

 鳥も年を取ると後ろ姿がたるんでくるのだろうか。


 しっぽがきちんとおさまらなくて広がっているのは前からだが、最近は翼のたたみ方もだらしない。
 飛ばないから翼の筋肉が衰えてるんだろうか?


 と見てたら撮っているのがばれて避けられた。


 そしてそんなブロッサム、通称ちびころをなぜか金網からくちばしをつきだして五十鈴がにらみつけている。

 どしたの?

カメラ待機

 カメラが気になるブロッサム、通称ちびころ。


「撮ってー」

 長門とこの鳥は、自分に黒い妙な塊(つまりカメラ)が向けられる意味をちゃんと分かっているようで、人間様がカメラをいじりだすと必ずこうやって待機を始める。
 逃げられるより楽だが、いつも同じような写真しか撮れないのがちょっとどうなのかと思う。

変化は認めない

 ブロッサム、通称ちびころが好きなオモチャにハムスター用のミニコーンがある。
 食べるわけではなく、実をむしって遊ぶだけなので不経済なことこの上ないが、まあ楽しければそれでいいので、たまに与えている。
 が、いつも同じ与え方だと面白くないので、ちょっと変化をつけてみた。


 いつもはカゴの床にごろんと置くだけなのだが、ドアに挟んでみる。
 さてどうするかな?


 すると囓るのではなくいきなり殴りに来たブロッサム、通称ちびころ。


 そして、殴られて横を向いてしまったコーンを……。


 さらにどつきにかかった。

 ……置き方が違うだけで、なぜそうも敵視するのか……。

ついむらむらと触りたく

 もこもこになっているブロッサム、通称ちびころのお腹があんまり柔らかそうだったので、つい指を入れてみた。


 中で片足になってた。

 この鳥は人間様が自分に危害を加えられるわけがないと思っているので、逃げたり攻撃したりはないのだが、それでもちょっぴり不愉快そう。


 ごめんよ。

工夫は大事

 ブロッサム、通称ちびころは年に1度か2年に1度のシュレッダー期。

 普通に囓ると動いていってしまうので、上に乗って自分を重しにしながら囓っている。

 そろそろしっぽが二股になろうかというぐらい生きているブロッサム、通称ちびころにとっては、この程度の工夫は朝飯前。