文鳥ども」カテゴリーアーカイブ

貼り付き妖怪いずも

 相変わらず五十鈴はいずもを寄せ付けない。
 が、いずももいつまでたっても諦めずに五十鈴の後を追って回っている。
 そして、一瞬の隙をついてくっつきに行く。


 そして、いずもにくっつかれるともう逃げ切れないと悟るらしく、五十鈴は諦めた顔でされるがままになっている。


「どや!」みたいな顔してこっち見てるけどさ、五十鈴うつむいちゃってるじゃないか。
 かわいそうに。

順番こごはん

 ひとつの餌入れから交代で効率良く食べている2羽。


 もう1羽がそばに行くと食べるのをやめて譲ってやっている。
 バックの音楽はたまたま聞いていただけなので気にしないでください。


 そしていずもがカゴの外に出た後もずうずうしく食べ続けている五十鈴。

 いつの間にこんなことを考え出したのか。
 というか、五十鈴はカゴの外ではいずもから逃げ回っているくせに、なんで中では平気なのか。

適度な距離感


 一見仲良く見えるが、実はどつきあいの大げんかしている最中の2羽。

 換羽が近づいているのか、五十鈴がまたいずもを避けるようになった。
 いずもが近寄ると逃げていくのはもうおなじみの反応だが、最近では強引にいずもがひっついていくとその背中に乗って嫌がらせをするようになったので、さすがにいずもも察したらしくてそこまで無理にくっついていくことはなくなった。
 まあ、何事にも距離感が大事だよ。


 それでもカゴに一緒に入るのは平気らしいのがよく分からない。

別宅飯

 完全に自分の家みたいな顔をしていずものカゴでエサを食べている五十鈴。


 いずもももう諦めたらしくて知らんぷりするようになった。
 前は五十鈴が食べ始めると、何か言いたそうに近くをうろうろしていたんだけど。

呼ぶかな? 呼ぶかな?

 いずもの巣の中で、人間様が呼んでくれるのを黙ってじっと待つ五十鈴。


 呼ばれたら即飛び立てるよう身を半分乗り出しているのが、圧力感半端ない。


 そして、奥でぬくぬくしているくせに、五十鈴を呼ぶと自分も待ってましたみたいな顔で飛び出してくるのがいずも。
 こっちは割とずうずうしい感。

3人(2羽とひとり)一緒で

 相変わらずひっつき虫な文鳥ども。


 いずもへんな顔。

 でもこんなだから人間様をないがしろにして自分らだけキャッキャウフフするかというと全然そうではなく、むしろ人間様を巻き込んで2羽で先を争ってどちらがいっぱいかまってもらうか競争をやるので、それはそれでめんどくさい。

気にする子、しない子

 まだ人間様の新しいパジャマに慣れなくてカゴから外に出られないいずも。
 一方、そんなことを全く気にしない五十鈴は普通に外に出てきては、カゴに入ったままこちらを眺めるいずもを不思議そうに見ている。


「なんでいずもお兄ちゃん出てこないんだろう……」

 この場合、いずもが神経質で五十鈴が鈍いのか、いずもが頭悪くて五十鈴が賢いのか、一体どっちなのだろうか。

ケンカするほど……

 いずもと五十鈴のケンカ。


 むしろ後ろで興奮してぴょこぴょこしているパムが気になってしょうがない。
 ちなみにずっと続いている甲高い声はブロッサム、通称ちびころ。


「でも僕たち仲良しだから」

 はいはいそうですか。