鳥ども」カテゴリーアーカイブ

あの人は恋しいけど

 床に降りるのは恐いけど、ブロッサム、通称ちびころのそばへは行きたい長門。
 ちょっとジレンマに陥っている。


 引っ越してからなぜか床に降りなくなった。
 何かが恐いらしいが、何が恐いのか人間様には全く分からない。
 というか怖がっているの長門だけだし。

ちょっと変わった感じ

 ブロッサム、通称ちびころのカゴの上で遊んでいる長門が気になってしょうがない。


「ねえ、何してるの?」

 そういえば、いつもは長門が中にいるカゴの上を、いずもと五十鈴が我が物顔で跳ねて歩いているので、逆なのが不思議なのかもしれない。

突然の来訪者

 パムを膝の上で遊ばせていたら、何に驚いたのかぱっと飛び立ってピリカのケースのそばに着地した。
 他の鳥どもには全く動じなかったピリカもこれにはびっくりしたらしく、突然降ってきた黄緑色の何かに視線釘付けのまま身じろぎもしなくなるし、パムはパムでそんなピリカに脅威を感じるのか固まったまま動けなくなった。


 お互い新鮮な出会いをしているようで。

気にするに値しない 2

 今度は文鳥どもとピリカを一緒に出してみた。


 一応お互い気にしてる気配はあるが、やっぱり無関心で好き勝手な事をやっている。
 かろうじていずもが逃げていっただけ。
 なお、左にある藁草履は夏にスリッパ代わりにはいている物。

 なんで関心を持たないのか、ここまで来るとそれが気になる。

見つめ合う気持ち

 何となく見つめ合っている事が多いこの2羽。


 じーっ。

 いずもはパムに興味を示さないのだが、五十鈴はこうやってちょくちょくパムを眺めている。
 当然パムも五十鈴を気にして見返すので、結果として何かが芽生えそうな雰囲気になっていたりする。

気にするに値しない

 くらまとピリカを一緒に出してみた。
 ピリカは確かヒナの頃1度だけブロッサム、通称ちびころと一緒に出していきなり襲われた事があったけども、さてくらまはどうなのかな。


 一瞬、お互い気にするそぶりを見せたものの……。


 後は両者知らんぷり。
 完全に尻を向けて自分が好きな物を勝手についばんでいる。

 どうやら全く相手に興味がないらしい。というか、相手が何かちょっと動く物体にしか見えてないんだなこれは。
 ピリカはともかく、チラシをひらひらさせても突撃していくくらまがここまで無視するのも珍しい。

人気者の熟女

 カゴの上にとまるブロッサム、通称ちびころをガン見する2羽。


 でも多分、長門とくらまではガン見する理由は正反対だと思う。

 とりあえず、ブロッサム、通称ちびころは2羽のことをちゃんと見てあげてほしい。

ほったらかす

 ほったらかしてたらいつの間にかみんな寝ている。


 でもパムだけはケージの床で姿を見せずになにやらごそごそやっている。

 いかにも皆あきらめてる感じに見えるが、本気で遊んでほしい時は人間様が無視してようがなんだろうがしつこく呼び続けるので、実はこの状態はむしろ人間様がほったらかされていると言える。

新しいコンデジ買ってた

 そういえば、ビビやふっとんだブログに気を取られてうっかりしていたが、新しいコンデジを買ったのだった。


 SONYのRX100V(上)。
 愛用のS120(下)の挙動がおかしくなってきたので、明るく撮れてズームもそれなりにできるものを……と探していたらいきついた。
 コンデジのくせに税込み11万もした。普通に初心者向け一眼とかミラーレスとか買えちゃう値段。
 しかし高いだけあってシャッターは一眼並に速いし、連写は1秒24枚もできちゃうし、F値は解放でも2.8だし、デジタルズームが11倍できるし、デジタル水準器つきのファインダーがあるし、いろいろ性能がすさまじい。
 もう普通の写真はこれで撮って、望遠だけPEN miniやCOOLPIX P900を出せばいいような気がしてきた。


 横の比較。
 チルト液晶の分厚みがあるが、性能差の割にかなり薄い。
 重さも、S120みたいにコートのポケットに放り込むのは無理だが、ポシェットとかに入れていられる程度。