いずも」カテゴリーアーカイブ

まぼろし空中浮揚

 巣から顔だけのぞかせているいずもを撮ろうとしたら、シャッターを押す瞬間に止まり木に向かって飛び出してきてしまった。


 あっ……。

 巣から出た瞬間、ジャンプ力だけで身体を180度反転させている。
 文鳥ってこういうところ身軽だよね。

お前は誰だ

 新しいパジャマを着ていずもをカゴから出そうとしたら、一目散に奥に逃げ込んでこの顔。
 普段は扉を開けるやいなや飛び出してくるのだが。


「誰……」

 ちゃんと服の違いを見分けるのは偉いけど、人間の顔の方も覚えておこうね。

もらった物は使おうか

 いずもは昨日あんなに新しいつぼ巣を怖がっていたくせに、今日になったらちゃっかり中で寝ている。


 ふわふわになってた。


 昔から使ってましたが何かみたいな顔してる。

 そして、前のつぼ巣よりも広くて居心地がいいらしく、今度は何かというと中に入りびたるようになった。
 まあ、気に入ったならそれはそれでいいけどね。

マメルリいずも

 いずもからしっぽがなくなった。


 これまでも1本ぐらいまで減ったことはあったけど、全部抜けたのは初めて。
 しっぽがないと途端に丸っこくなるな。


 でも普段マメルリハを見ていると、なんだかそれほど違和感を感じないのも確か。
 大きさも頭身もそんなに変わらないし。

感じ悪い文鳥

 換羽の機嫌の悪さに任せて、あらゆる鳥とケンカして回っているいずも。



 普段からちょっかいを出しているくらまは言うに及ばず、パムやチャンドラ、挙げ句の果てには長門や五十鈴、そして人間様と、行く先々で出会う相手にケンカを吹っかけてくる。
 もう全世界が己の敵な気分らしい。
 人間でもたまにいるよね、こうやって自分の不機嫌を躊躇なくまわりに振りまく感じ悪い奴。

換羽がきた

 気付けばいずもの顔が大変なことになっていた。


 赤ハゲちゃってる。

 顔以外はそれほど抜けてるのが目立たないもんだから、余計変。
 しかもイライラするのかいつもより怒りっぽくて、意味もなく人間様や他の鳥に攻撃をしかけてくる。
 なんて迷惑な奴。

 五十鈴もそろそろ抜け始めているので、近いうちに迷惑な奴がもう1羽増えると思うとちょっと憂鬱。

外に出せ

 外に出してほしくて一生懸命アピールするいずも。

 よく見ると大体同じコースを繰り返し回っている。

「出してよ-」
 いずもは普段は自分から出してアピールをあまりしないのだが、毎日ほぼ決まった時刻に出しているので、その時間になっても出さないと大騒ぎを始める。
 一方の五十鈴は、年中出してアピールをしてくるが、時間によって特別に騒ぐということがないので、どうやらあまり時間の概念というものを把握していない模様。
 まあ、どっちもうるさいことには変わりないのだが。

足場は大事

 数日前にいずものエサ入れを変えた。
 いずもはとにかくエサを散らかす。毎日自分が食べる分とほぼ同じぐらいの量をくちばしでカゴの外に飛ばしている。掃除も大変だし何より無駄が多いので、側面が高いエサ入れにしてみたのだ。
 ただしこのエサ入れ、縁のとまる場所の幅が広く、前かがみになって食べる時にぐっと掴んで身体を安定させることができないためか、我が家の鳥どもからは評判が悪い。足腰の弱いくらまなどはエサを食べなくなってしまったぐらい評判が悪い。
 なのでいずもも多分気に入らないだろうと思ったのだが、やっぱり不評だった。

「…………」

「食べにくい……」
 これが数日前。
 で、今日になってとうとうこんな食べ方を開発していた。

 すごいのびてる。
 ……そっちのほうがもっと食べづらいと思うんだけど。
 あくまでも足で掴める場所にこだわるんだ……。

ひとりの時間


 ひとりたたずんで何やらたくらんでいるいずも。
 五十鈴が相変わらず避けまくっているので、最近はひとりでいることも多い。
 まあこの鳥の場合、人間様が相手をしなくても、そのへんの物を勝手にオモチャにして遊んでいるので、特に問題はない。
 むしろ心配なのは、人間様がかまってやらないと途端にやることがなくなっちゃって、人間様が呼ぶのをひたすら待っているらしい五十鈴のほう。
 うーん、ちょっと甘やかしすぎたかな?